親子旅行記

2歳の娘、妻、私の旅行記を主に書いてます

香りを味わう ニュー・ワールド ペールエール

夜はだいぶ涼しくなってきたが、まだまだ暑い日が続きそうで、すっきりとしたビールが飲みたいところだ。

そこで 今回紹介するのは、オーストラリアビール。

 

オーストラリアビールは私もあまり耳にしたことはなかったが、実は種類が豊富である。キリンのレポートによると、2015年の国別一人当たりビール消費量で、オーストラリアは22位だそうだ。ベルギーが23位、イギリスが27位からするとかなり飲まれていると言える。ちなみに日本は55位。

今回はニュー・ワールド  ペールエールを紹介したい。

 

缶のデザインもかっこいい。そこに惹かれて買ってしまったというのもあるが。インターナショナル・ビア・チャレンジというビールの祭典で昨年金賞を受賞したそうである。

 

ビールを注いでみると、

泡立ちが良い。色は金色。一般的なペールエールより色は薄めである。

f:id:tommyytan:20170906135937j:plain

臭いをかいでみると、

ホップの香りが香ばしく、鼻にすぅーと抜ける感じが心地よい。

 

乾杯!!

飲んでみると、

シトラスパッションフルーツのような爽やかな味がして、とても飲みやすい。

 

このビールはギャラクシーホップという比較的新しい種類のホップを使用している。ギャラクシーホップはオーストラリア原産で、アロマ成分を多く含んだホップである。

 

ちなみに、ペールエールである、よなよなエール(アメリカン・ペールエール)と比べてみると、

よなよなエールの方が、色が濃く、苦みが強い。そのため、若干濃い味付けの料理でも合いそう。

一方、ニュー・ワールド  ペールエールはもう少しさっぱりした味付け、鶏のささみといった料理が合いそうである

f:id:tommyytan:20170906140102j:plain

アルコール度数は4.8%、容量は若干多めの375ミリ。値段は399円。

 是非お試しを。