親子旅行記

2歳の娘、妻、私の旅行記を主に書いてます

東京農業大学の収穫祭は屋台のクオリティーが高かった

東京農業大学(以下「農大」)の学園祭である収穫祭に行ってきた。農大の最寄り駅は小田急線の経堂駅であるが、南口の商店街からかなりの人が農大に向かって歩いている。そして、商店街を抜けて道を渡り農大まで続く一本道に入ると、列になって人が途切れないほどである。

 

農大に着くとパンフレットをもらった。屋台の数が96ととても多く、人で賑わっていた。

経堂門から入ってすぐのボクシング部のハチミツは人気があるらしく売り切れになってしまっていた。昼過ぎに到着したが、人気商品は朝早く来ないと売り切れてしまうらしい。

 

経堂門から真っすぐ向かったところにある屋台は、学園祭にはよくある焼きそばやソーセージなど一般的なものが売られていた。

一方、経堂門から左側に進んだユリノキ広場に面した屋台はかなり個性的なものが売られていた。

特に味噌は色んな種類のものが売られていて、100人以上は並んでいると思われた。ベーコンも人気で1日3回整理券を配っていた。

 

いくつかの屋台で食べた。

 

〇すんきそば

f:id:tommyytan:20171105002731j:plain

すんきとは、長野県木曽町の漬物で、赤かぶの葉っぱを乳酸発酵させた漬物である。漬物なのに塩を使わないのは珍しい。微生物研究会が作っているだけあってとても興味深かった。食感はシャキシャキしていて、味はヨーグルトの酸味もあるが、旨味も加わり、独特の味である。1杯200円だ。

 

〇いのしし汁

f:id:tommyytan:20171105002823j:plain

臭みがあると思ったが、ほとんどない。人参やねぎなどの野菜も入っている。この季節、温かい汁物は有り難い。アグロエコロジー研究室が作っている。1杯300円。10分くらい並んだ。

 

シュラスコ

塩加減がたまらない。肉もボリュームがある。4本とジュースが1缶ついて500円のセットがあり、お得だった。10分くらい並んだ。

 

〇春巻き

カリッカリで美味しい。具もキムチチーズ、チョコバナナ、焼きそば、ポテトサラダの4種類あった。キムチチーズとチョコバナナを買った。キムチチーズはキムチのピリ辛さと、とろっとしたチーズが絡み合ってマイルドになりとても合う。チョコバナナと春巻きの組み合わせも外はカリカリ、中は柔らかなバナナで意外に合っている。10分くらい並んだ。

 

〇パイ

パイとジャムが売られていたが、ジャムは既に売り切れていた。パイも人気があるそうで15~20分程並んだ。マロン、アップル、スイートポテト、ニューヨークチーズケーキの4種類。購入は1種類1個までと限定されていた。パイの焼き加減、サクサク具合は町のパン屋さんに引けを取らない。それでいて1個100円(マロンは2個セットで100円)と安い。食科資源理化学研究室が作っている。私の中では一押しである。

 

総じて、農大の屋台は食物を研究している学生が作っているだけあって、クオリティーが高いと感じた。

 

ユリノキ広場で全学応援団リーダー部が大根踊りをやっていて、目を引いた。

f:id:tommyytan:20171105002935j:plain

 

ふれあい牧場では乳しぼり体験もやっていて、子連れで来ても十分に楽しめそうである。