親子旅行記

2歳の娘、妻、私の旅行記を主に書いてます

ボリューム満点! 下北沢のコッペパン専門店 パンの田島

下北沢のパンの田島に行ってきたよ。最近コッペパン専門店をよく見かけるようになったが、ここも負けていない。ちなみに小田急線沿線のコッペパン専門店は、狛江に盛岡製パン、千歳船橋に瀬戸内製パンがある。

f:id:tommyytan:20180824212552j:image

下北沢駅から徒歩3分、シックな佇まいのお店だ。コーヒーはドトールと提携しているようだ。テイクアウトのみ。数人がならんでいた。注文を受けてから作るため、少し時間がかかる。

甘いコッペパンは200円台前半、惣菜コッペパンは300円台前半といったところ。他にも140、150円の揚げコッペもある。

f:id:tommyytan:20180824212609j:image

以下のコッペパンを買った。すべて税込み価格。

 

◯  肉じゃがコロッケ  300円

f:id:tommyytan:20180824212627j:image

コッペパンから思いっきりコロッケがはみ出すほどボリュームたっぷり!コロッケは外はサクサク。中の肉じゃがは甘くホクホク。ソースの甘さとマスタードのちょい辛さがたまらない。キャベツも新鮮そうでシャキシャキしている。

 

◯  つぶあん・マーガリン  200円

f:id:tommyytan:20180824212648j:image

コッペパンの定番つぶあんつぶあんも甘すぎず、マーガリンと良く馴染んでいる。コスパは良い。

 

◯  揚げコッペシュガー  140円

f:id:tommyytan:20180824212717j:image

正面のケースの中に入っている。シンプルな味で脂っこすぎず、惣菜コッペパンとあわせて買うのが良いだろう。

 

盛岡製パンのコッペパンと比べても、全体的にボリュームがあるので、男性でも2つ食べればお腹いっぱいになる。それを考えるとだいぶコスパも良いと言える。