親子旅行記

2歳の娘、妻、私の旅行記を主に書いてます

【幹事必見】20人以上の忘年会・新年会で盛り上がるゲーム

今年も残り僅かとなった。12月といえば忘年会シーズン。余興特にゲームなんかもやることがあるが、ビンゴではありきたり。盛り上がったゲームがあるので紹介したいと思う。

 

今回紹介する2つのゲームはともに幹事が出したお題をもとに絵を描いてもらうものだ。そのため、幹事は紙とペンを用意する。人数としては20人以上いることが望ましい。

 

その1 協力して1つの絵を完成させるゲーム

(手順)

①5人のグループを作る。これとは別途審査員(数人)を分けても良い。

②各グループに紙とペンを配る。これに加えて、(1)輪郭・髪の毛、(2)眉毛・目、(3)鼻・口、(4)上半身、(5)下半身と書いた紙を渡す(パーツを変えてもOK)。

③グループ内で誰が上記のどのパーツを描くか決める。

④幹事は描いてもらうお題を言葉で発表。(③と④は逆でも可。)

⑤お題をもとに、輪郭・髪の毛を担当する人から制限時間(30秒くらいが良いかも)内に描いてもらう。

上記の残りのパーツも順番に同様に描いてもらう。

⑦全パーツ描き終わったら、幹事が紙を回収。

⑧幹事はお題の絵の見本を見せる。

⑨審査員(いない場合は幹事)に各グループの絵をジャッジしてもらう。そして幹事はみんなに絵を見せる。

 ※私がやったときは、お題はスーパーマリオやドナルド・マクドナルド。知っているようで、いざ書くとなると書けないものだ。

 

その2 絵で連想ゲーム

(手順)

①6人以上のグループを作る。

②各グループに紙とペンを配る。紙は人数分。

③幹事は各グループ1人ずつに描いてもらうお題を言葉で伝える。他の人には聞こえないようにする。(グループごとに異なる絵を伝えても良い。)

④幹事からお題を伝えられた人は、制限時間(20秒くらいがいいかも)内にお題の絵を描く。このとき他の人は絵を見てはいけない。

⑤絵を描いた人は隣の人にだけに絵を見せて、制限時間内にその絵が何なのか想像してもらい、描いてもらう。これを最後の人まで繰り返す。

⑥最後の人は見せられた絵が何なのか答える。

⑦お題と答えが合っていれば正解。そしてみんなが描いた絵を見せ合う。

※私がやったときは、お題はふなっしーちびまる子ちゃん。順を追うごとに絵が変化して最初の絵とまったく違う絵になることも。

 

紙とペンがあればどこでもできる簡単なゲーム。幹事のお題のセンスも重要になるかも。あまりマニアックすぎてもみんながついていけないし。さあ、忘年会(または新年会)を盛り上げよう!!